光造形・注型

三研工業のサービス

お客様の「必要」に応えられる技術があります~光造形・注型~

元祖試作屋「三研工業」では、お客様のニーズ、時代の要求にお応えする試作品をご提供するため、光造形・注型に対応しております。これからの時代、機構部品や外装部品にはさらなる精密さが求められることが推測できます。従来の加工技術では実現し得なかった製品製作に、光造形・注型は欠かせない存在となることでしょう。

他社では叶えられなかった加工・成形も、当社でなら対応できるケースもあります。光造形・注型にご関心・ご興味がある方は、ぜひ当社へ一度ご相談ください。

三研工業の光造形・注型

当社は、東京都葛飾区で昭和52年の創業以来、金属樹脂の成形・加工を手がけてまいりました。当社の光造形・注型ともに、機構部品や外装部品の製作手段として高い評価をいただいています。特に光造形は精密機構の部品にというご要望が多く、試作品製作への活用も実績を重ねております。

注型は切削加工と比較すると精度の点で劣りますが、ある程度の寸法・精度は期待できます。切削注型のマスター製作を、光造形で行うか切削で行うかというご提案は、お客様のご希望の品質水準・コスト・納期などから、当社の経験豊富な技術者がしっかり見極めさせていただきます。

当社が主に手掛けている業界
文具:
マシニングと旋盤の両方を駆使して制作します。
ペンシルの軸は異形な曲面から除変しながら円筒になる特殊な形状もあります。
デザイン試作の美しい試作品と、機能試作の精度が高い製品が特長です。
モータ本体:
カバーは肉厚が薄く、軸は焼入れと高精度が特徴です。
ギヤードモータのギヤユニット:
樹脂カバーの精度が高く、各部品についても比較的精度の高い部品が多いのが特徴です。
コピー機とプリンタ:
樹脂部品とシャフトの勘合品が多く、
ピン打や圧入で固定するような複雑な製品が多いのが特徴です。
また、その正反対に単純なシャフトが多いのも特徴です。
建築:
単純な形状が多くコストを重視しているのが特徴です。
自動販売機・精算機・券売機:
複雑な樹脂部品と金属部品が多くカバーのモデルや塗装などがあるのも特徴です。
計測制御機器:
樹脂が多く複雑な形状のカバーが特徴です。
宇宙・衛星事業:
金属と非鉄が多く、高い精度が必要で安定した制度と供給を重視しているのが特徴です。
おもちゃ:
丁寧な仕上がりと、感覚的な仕上が特徴です。
コンプレッサー・熱交換機:
異形で加工しづらいカバーが多く、塗装が必要なのが特徴です。
その他:
様々な分野の試作品を製作しております。

三研工業の持つ技術について、詳しくは以下の各ページをご覧ください。

  • マシンニング
  • 旋盤
  • 特殊な技術について

光造形・注型のご用命も承っております。お気軽にご相談ください。 お問い合わせ

page top